診療案内

診療方針について

家族の一員である動物達の「元気で長生き」を目標に治療に取り組んでいきたいと思っております。
そのために、「先制医療」を意識して実践していきたいと思っています。
「先制医療」とは、予防医療より前の段階、つまり病気と診断されるより以前の何も症状がない発病以前の段階で、その方が将来罹患する可能性の高い病気を見つけ、発病を予防しようという考えです。
病気発症と遺伝的素因・環境要因の関わりがわかってきている人医療に比べ、動物医療では、まだ病気発症の要因がほとんどわかっていません。

しかし、犬種・猫種、体格、性別、健康診断の結果、生活環境など、文献的な情報と、自分の経験をもとに、総合的に判断して先制医療を実践していくことを目標としたいと思っております。
また不幸にも病気に発症してしまった動物達には、話す事ができない動物に代わりに、飼い主様とよく相談し、さまざまな治療法を提案し、時間をかけて話し合い、治療方針を決めていきたいと思っています。
また完治が難しい病気に関しても、できるだけ動物の「元気(=QOL)で長生き」を意識した治療を心がけたいと思っております。

診療対象動物

犬、猫、うさぎ、ハムスター、モルモット        

歯科・口腔外科診療について

こちらのページをご参照ください。
歯科・口腔外科診療について

腫瘍科診療について

日本獣医がん学会認定腫瘍科2種認定医

日本獣医がん学会認定腫瘍科2種認定医を2013年に取得しており、癌の診療についても力をいれております。腫瘍外科・内科とも経験が多数あります。

治療例

現在準備中です。

総合臨床について

JAHA総合臨床医の免許を取得しています。歯科・口腔外科、腫瘍科以外にも、内科、外科、皮膚科、眼科、整形外科、産科など一般的な疾患に対しても対応可能です。