病院/院長/スタッフ紹介

当病院の特徴

大切な家族の一員である動物たちの「元気で長生き」に貢献できるよう、全力で、一生懸命治療に取り組みます。

①基本的に総合診療ですが、歯科口腔外科、腫瘍科に力を入れています。

②安心安全安定な医療を、安心の料金設定で提供します。

③ワンちゃんはもちろん、「ねこちゃんにやさしい病院」です。

④送迎サービスを行っています。

⑤可能な限り年中無休で診察をしています。

院長紹介

松本淳(まつもと じゅん)

ご挨拶

当院ホームページをご覧頂きありがとうございます。茨木元町どうぶつ病院・院長 松本淳と申します。私は、2004年に酪農学園卒業後、14年間、動物病院に小動物臨床医として勤務してきました。その間に、尊敬する先生方にご指導いただき、技術的・人間的にも成長することができました。そして、その学んだ技術を活かして自分が生まれ育った街で、動物達の健康に寄与したいと思い、この度の開業となりました。大切な家族の一員である動物達の「元気で長生き」に貢献したいと思っております。動物との生活の中で感じる不安な事・疑問な事、何でもお気軽にご相談下さい。よろしくお願い致します。

受賞歴

平成28年度 日本獣医麻酔外科学雑誌 優秀論文賞

https://www.jsvas.net/journal/paper_award_list.html

資格・認定等

獣医歯科学臨床講座修了(歯周外科、歯内療法、口腔内腫瘍外科、口腔解剖学)

日本獣医がん学会腫瘍科2種認定医

小動物歯科研究会レベル1~4認定医

JAHA外科認定医

JAHA総合臨床認定医

.

得意な診療分野

歯科口腔外科、腫瘍科、外科系

.

所属学会・研究会

獣医顎顔面口腔外科研究会、日本獣医麻酔外科学会、日本獣医がん学会、日本小動物歯科研究会、The International Society of Feline Medicine(国際ネコ医学会)

 

趣味

臨床獣医学の勉強、公園で運動する、こまちを撫でる

好きな言葉

一途一心

略歴

1985年 第二末広保育園卒園(現・山手台保育園)
1991年 茨木市立山手台小学校卒業(げんごろう教室所属)
1994年 茨木市立北陵中学校卒業(満天塾所属)
1997年 関西大倉高校卒業
1998年 大阪北予備校卒業
2004年 酪農学園大学卒業(外科学教室所属)

(大学時代の研究テーマ 「犬猫の仙腸関節脱臼の手術法について」)

2004年4月~2009年6月 小儀動物病院勤務
2009年6月~2010年3月 世界の動物を観る旅へ出る
2010年4月~2017年9月 小儀動物病院勤務
2017年11月 茨木元町どうぶつ病院開院

2017年12月 平成28年度日本獣医麻酔外科学雑誌 優秀論文賞受賞

.

.

論文掲載・学会発表

歯科・口腔外科関連

くしゃみおよび膿性鼻汁を主訴として来院した重度歯周病を認めたヨークシャテリアの1例」       2007日本小動物歯科研究会症例検討会

 
●歯周病に起因する下顎骨体の骨折に対し、吸収性縫合糸にて整復・固定を行った犬の2例
      2012日本小動物歯科研究会症例検討会、2011中部小動物臨床研究会
 
●舌に腫瘤・潰瘍病変を形成した Low-Grade リンパ種の犬の1例
      2013日本小動物歯科研究会症例検討会、2012中部小動物臨床研究会
 
●腫大した耳下腺を外科的に摘出し、唾液腺炎と診断された犬の一例
      2014日本小動物歯科研究会症例検討会、2013日本獣医麻酔外科学会
 
●埋伏歯を伴なわない犬の上顎に生じた歯原性嚢胞の2例
      2014中部小動物臨床研究会
 
●開口障害を主訴とし下顎枝に発生した硬性腫瘤性病変を外科的に摘出した猫の一例
      2015日本獣医麻酔外科学会
 
●Long-term follow-up of a feline solitary osteochondroma on the left mandibular ramus and temporomandibular joint with surrounding tissue treated by palliative surgery.
(左下顎枝、顎関節およびその周囲に発生した孤立性骨軟骨腫に対し緩和的外科的切除を実施し長期的経過観察を行った猫の一例)
      2020日本獣医麻酔外科誌 51 (3&4):52–57
 
●根分岐部病変に対しFGF-2製剤による歯周外科治療を行った犬の一例
      2021日本獣医顎顔面口腔外科研究会
 
 

腫瘍科関連

●猫の直腸腺癌に対して直腸全層プルスルー法による摘出術を行った2症例
 Use of the Rectal Pull-through Procedure in Two Cases of Feline Rectal Adenocarcinoma
      2016日本獣医麻酔外科学雑誌 47(3), 47-52,
(この論文は、平成28年度 日本獣医麻酔外科学雑誌 優秀論文賞を受賞しました。https://www.jsvas.net/journal/paper_award_list.html
 
 
●血尿を主訴とし膀胱鏡にて出血部位を特定した犬の腎異形成の1例
      2006動物臨床医学会年次大会
 
●後肢麻痺を主訴とし腰椎硬膜外に占拠性病変を呈した組織球性肉腫の犬の一例
      2014動物臨床医学会年次大会
 
●猫の直腸腺癌に対して直腸全層プルスルー法による摘出術を行った2症例
      2015動物臨床医学会年次大会
 
●肢端腫瘍に対し部分断脚術を実施し義肢を装着した犬の2例
      2019日本獣医麻酔外科学会
 
 
 
 

スタッフ紹介

獣医師

青木理 (あおき おさむ)

・2006年  甲陽学院高校卒業

・2015年        酪農学園大学卒業(腫瘍科所属)

大学時代の研究テーマ「犬の悪性黒色腫に対する免疫療法について」

・2015年~2018年 大阪府下の動物病院に勤務

・2019年3月~ 茨木元町どうぶつ病院勤務

・2021年3月 京都ノートルダム女子大学大学院 心理学研究科臨床心理学専攻(博士前期課程修了

・2021年4月 京都ノートルダム女子大学大学院 心理学研究科 研究生

大学院での研究テーマ「疾病に罹患したペットの飼育者が抱える心理的負担について」

・2022年4月 臨床心理士資格取得

.

.

主な勤務曜日:木曜日、火曜日、土曜日、日曜日

所属学会:VEP(獣医耳科研究会)、日本獣医がん学会、日本心理臨床学会

得意な診療分野:耳科、腫瘍科、皮膚科

趣味:アクアリウム、釣り

好きな言葉:無知の知

ご挨拶:獣医学と臨床心理学を学ぶ中で得た知見を統合し、飼い主の皆様並びに大切な家族である動物たち双方にとって心地よい生活の手助けになれるよう頑張ります。日常の中のちょっとした困りごとでも遠慮なくご相談ください。ウォンバットで知られる(と思っている)池田市出身です。

青木獣医師が執筆した記事(ブログ)

  ●うんちのお話https://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12534957779.html

●皮膚にでるアレルギーとかゆみのお話https://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12447197904.html

●シャンプーについてhttps://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12610358264.html

 獣医師

森岡理沙 (もりおか りさ)

・2006年 福島県立福島高校卒業

・2013年   岩手大学(内科所属)卒業

大学時代の研究テーマ「猫の多発性嚢胞腎について」

・2013年~2016年 東京都内の動物病院に勤務

・2017年1月~  大阪動物専門学校・非常勤講師として勤務

・2019年12月~ 茨木元町どうぶつ病院勤務

2022年9月20日~ 産休中

.

.

主な勤務曜日:水曜日、土曜日

得意な診察分野:漢方医学、ネコ医学、腎泌尿器科

所属学会:日本ペット中医学研究会

趣味:ヨガ、猫と遊ぶ事

好きな言葉:

ご挨拶:東北で生まれ育ち、結婚を機に大阪に越してきました。愛猫家です。動物たち、そして飼い主様に寄り添った診療を心がけています。動物たちは、病院では痛みや不調を隠してしまうことが多いです。飼い主様がお家で感じた変化も、診察室では見られない場合もあります。1日でも長く、愛するペットと過ごすために、どんな小さなことでもご相談ください。

森岡獣医師が執筆した記事(ブログ)

●多発性嚢胞腎のお話https://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12565472439.html

●漢方薬のお話https://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12729482426.html

獣医師

阿部 麗 (あべ うらら)

・2010年 大阪薫英女学院高等学校 卒業

・2016年 日本獣医生命科学大学(獣医内科学教室第二研究室)卒業

大学時代の研究テーマ「ネコの尿管閉塞および尿管ステントについて」

・2016年~2020年 東京都内の一般動物病院と猫専門病院に勤務

・2020年10月~ 茨木元町どうぶつ病院勤務

.

.

主な勤務曜日:月曜日、金曜日、日曜日、木曜日、水曜日

所属学会:国際猫学会、日本獣医腎泌尿器学会、日本獣医循環器学会、日本獣医がん学会

得意な診察分野:ネコ医学、腎泌尿器科、循環器科

趣味:乗馬、猫と遊ぶ事

好きな言葉:

ご挨拶:幼い頃から生き物が大好きで獣医師になりました。動物たちは私に癒しを与えてくれる大切な存在です。同じように、飼い主様1人1人にとってどの子もかけがえのない存在だと考えています。そんな大切な家族である子たちが、出来るだけ痛みや苦しみを感じずに長く楽しく健康に過ごせるようにお手伝いさせていただければ幸いです。

阿部獣医師が執筆した記事(ブログ)

●猫の視力の話https://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12634878456.html

●膀胱結石についてhttps://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12634042181.html

●猫のトイレの話https://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12645673300.html

●猫の療法食の話https://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12642618065.html

 獣医師

瀧晴香 (たき はるか)

・2004年  和歌山私立開智高校卒業

・2010年  北里大学卒業 繁殖学教室所属

研究のテーマ「犬の人工授精について」

・2010年~2013年  神奈川県内の動物病院に勤務

・2013年~2017年  大阪府下の動物病院に勤務

・2021年9月~  茨木元町どうぶつ病院勤務

.

.

得意な診療科目:犬の行動学(※行動学とは伴侶動物の問題行動を治療する学問です)

趣味:料理の動画をみること、犬の散歩

好きな言葉:

所属学会:日本獣医動物行動学研究会

主な勤務曜日:月曜日、水曜日、金曜日、火曜日 ※全ての曜日で午前診察のみ。

ご挨拶:飼主様の気持ちに寄り添い、大切な家族である動物達を一緒に見守っていけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

瀧獣医師が執筆した記事(ブログ)

●食欲増進剤の話https://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12714361382.html

獣医師

中村賢志(なかむら けんじ)

獣医学博士

日本獣医病理学専門家

経歴   

・2006年  岐阜高校卒業

・2012年  東京大学農学部獣医学専修卒業 獣医病理学教室所属

研究テーマ「犬の消化管リンパ腫と腸炎における病理組織学的鑑別に関する検討」

・2018~2022年 東京農工大学大学院獣医病理学教室 博士課程

・2022年  獣医学博士号取得

2022年4月~   茨木元町どうぶつ病院に勤務

.

.

主な勤務曜日:土曜日 or 日曜日

得意な診療科目:病理学、画像診断

趣味:読書、旅行

好きな言葉:人生万事塞翁が馬

ご挨拶:飼い主様とその大切なご家族である動物たちの健康と幸せに貢献できるよう、精一杯頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

獣医病理学に関する論文       

●Lack of in vivo mutagenicity of acetamide in a 13-week comprehensive toxicity study using F344 gpt delta rats

Toxicological Sciences, Volume177, Issue2, 1 October 2020 , Oxford Academic

●Chromosome aberrations induced by the non-mutagenic carcinogen acetamide involve in rat hepatocarcinogenesis through micronucleus formation in hepatocytes

Archives of Toxicology, Volume95, Issue8, August 2021 , SpringerLink

中村獣医師が執筆した記事(ブログ)

●細胞診検査と病理組織学検査についてhttps://ameblo.jp/ibarakimotomachi/entry-12757387927.html

眼科特別診察・担当獣医師

能美君人(のうみ きみひと)

医学博士

経歴   

・2005年  千里高校卒業

・2011年  北里大学獣医学部卒業

獣医内科学教室(眼科)所属  研究テーマ「ブドウ膜炎に関する検討」

・2011~2014年 大阪府下の動物病院に勤務

・2014~2016年 どうぶつ眼科専門クリニックに勤務

・2016~2019年 大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室 大学院(博士課程)

・2019~2021年 大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室 特任研究員

・2021年  医学博士号取得(眼科学)

研究テーマ「ヒトiPS細胞を用いた結膜上皮の分化誘導」

2019年~   茨木元町どうぶつ病院に非常勤獣医師として勤務

.

.

主な勤務曜日:隔週土曜日 16:00~

眼科に関する学会発表

●第38回比較眼科学会 「ヒトiPS細胞由来角膜上皮細胞の血管新生能に関する検討

●第35回比較眼科学会 「角膜扁平上皮癌に対するマイトマイシンC点眼液の検証」

眼科に関する論文       

●Generation of functional conjunctival epithelium, including goblet cells, from human iPSCs

Cell Reports, Volume34, Issue5, 2 Feburary 2021 , Elsevier

眼科に関する著書・書籍等   

●BSAVA小動物眼科学マニュアル第3版 学窓社 (翻訳者の一人)

●CAP(2019年8月号) 猫の眼科診療 ブドウ膜炎について

●CAP(2020年10月号) 難治性角膜上皮びらんに続発した好酸球性角膜炎の猫の1例

●CAP(2021年3月号) 犬と猫の角膜潰瘍

ご挨拶

当院にて眼科を担当させていただきます。眼科に限らずとも、わからないことや不安なことがあればご相談くださいよろしくお願い致します。

皮膚科/耳科専門診察・担当獣医師

下浦宏美(しもうらひろみ)  日本獣医皮膚科学会認定医

経歴

・岩手大学獣医学科卒業

・東京農工大学医療センター 研修医(皮膚科)

・北摂ベッツセンター VetDermOsaka 皮膚科研修医

・現在:VDT(Vet Derm Tkyo)所属

2022年~ 茨木元町どうぶつ病院に非常勤獣医師として勤務

 

看護師

看護師

松本奈緒子

動物看護師統一認定機構認定看護師

※送迎も行っています。運転歴15年以上

看護師

桑田倫見

※トリミングも行っています。

 

看護師

鵜飼明日香

.

看護師

辻里智暁

.

看護師

内田未希

.

看護師

宮野由佳

動物看護師統一認定機構認定看護師

トリマー

徳山あゆみ

動物看護専門学校トリミングコース卒

愛玩動物飼養管理士2級

 

桑田倫見

ナンバペット美容学院卒

小山美優貴

YIC京都ペット総合専門学校・トリミング部門  非常勤教師(現在)

 

東優花

広島情報ビジネス専門学校 トリミングコース卒業

施設紹介

駐車場

当院にはP1P2P3P4の4カ所に合計12分の駐車場があります。

P1病院前に2台

P2第7富士モータープール内に3台

P3病院より西側の駐車場に5台

P4細田第4モータープール内に2台

病院の前の道は、一方通行ではありません。対面(両方)通行です。

駐車スペースには当院のロゴマークが掲示してあります。

 

 
 

 

 

待合室

 
 

 (撮影:母倉知樹  設計:一級建築士事務所 西村設計)

 
 
 
犬診察室
 
 
猫待合室
 
 
猫診察室
 
 
トリミング室
 
 
処置室
 
 
手術室