オトスコープ(耳内視鏡)

当院ではビデオオトスコープ(耳の内視鏡)を導入しています。

担当獣医師:下浦(VDT所属 日本獣医皮膚科学会認定医)

      青木(VEP<獣医耳科研究会>所属) 

 

ビデオオトスコープを使用することで、耳道内をより詳細かつ鮮明に観察することや、映像を見ながらの耳道内の治療も可能となります。

特に、中耳炎を伴うかどうかにより治療方針や安全に使用できる薬剤が変わる場合があるのですが、従来の手持ち耳鏡では部分的に穿孔した鼓膜を判別するのには限界がありました。その点、ビデオオトスコープではより正確に判別することができるようになります。

映像を見ながらの洗浄や内視鏡用生検鉗子(特殊なピンセットのようなもの)を用いた治療により、従来の外耳炎治療とは一線を画した治療成績が見込めるものとなっています。

全身麻酔が必要なため、この点はデメリットと言えます。しかし一方で外耳炎治療は痛みや恐怖を感じる子も多いため、全身麻酔下でしっかりと治療を行うことはメリットにもなります。

 

 

この症例は重度の外耳炎でしたが、ビデオオトスコープにより鼓膜は残存していることがわかりました。

またびらん(赤くただれている)も著しく、通常の洗浄は痛みを伴うものでしたが、全身麻酔下で徹底した洗浄を行い薬液によりケアを行うことで症状に明らかな改善が認められました。

 

 

 

 

      

この症例は水平耳道にできもの【腫瘤性病変】(赤矢印)があり、その奥では耳垢の塊(耳垢栓、緑矢印)が鼓膜に付着している様子が見られました。

      

腫瘤性病変および耳垢栓を除去した後の耳道内です。

腫瘤はもちろんのこと、耳垢栓も通常の耳洗浄では取り除くことが困難ですが、ビデオオトスコープ下ではこのように除去することができます。

 

 

 

      

この症例は鼓膜付近から多量の毛が生えていました。耳垢も毛にトラップされてしまいマイグレーション(耳垢を外に出す、耳の自浄機能)が阻害されてしまうため、痒み等の症状が出ている場合は毛を抜きつつ洗浄する必要があります。

      

毛とともに採れた耳垢を顕微鏡で確認したところ、マラセチアの過剰増殖が見られました(青い点がすべてマラセチア)。細菌やマラセチア、ミミヒゼンダニ等が耳道内で増殖することが多いですが、それぞれで用いる治療薬が異なるため、適切な部位から採材することが重要とされています。

 

 

その他にも、再発を繰り返す外耳炎の原因が実は鼓膜付近の異物(散歩中に入ってしまった植物の種子など)というケースも報告があります。手持ち耳鏡では摘出はもちろん、発見自体が困難な場合も。

また耳科で外科が必要な症例(中耳炎による鼓室包切開、外耳炎・中耳炎による全耳道切除、耳道内の腫瘤性病変・ポリープの切除など)は、耳科を専門とするの外科医による手術も当院にて可能です。

なかなか治らない、治っても繰り返す外耳炎で、ビデオオトスコープをご希望の方は、当院の獣医師までご連絡ください。